導入済みのお客様へ

自動水質監視装置 アニマックス”生物センサ BS-2015 ”好評発売中

弊社は1999年創業以来、ほぼ5年毎に新型水質監視装置を開発しています。
その度に最新技術を導入し、経験とノウハウを活かした水質監視装置を製造販売しています。

より便利に使いやすくなったBS-2015に入れ替えませんか?

BS2010からの主な改良ポイント

遠隔監視機能の様子

遠隔監視機能について

アラームも費用の高い通信回線ではなく、LAN(インターネット)経由で、遠隔監視、遠隔地からの設定変更、遠隔地からの履歴参照等々、今では 現場に行かなくとも状況は刻々と分かるようになりました。
本体は自動運転ですから、必要な時(水槽掃除やメダカの 補充時)のみ現場にいけばよい状態になりました。

  1. 多機能画像処理装置搭載

    19,200ドット768ブロックで毎秒2回計測し、活動量と生存数を検知し数値化します。
    同様に毎秒2回水の色を検知し数値化します。
    監視エリアの設定もしくは無効化が可能で誤報による手間の削減を実現します。

    多機能画像処理装置
  2. 多重転送装置搭載

    メール利用環境によって自動的に作成された日報が毎日受信可能です。
    また、アラーム時には登録アドレスにアラームを通知します。

    多機能画像処理装置
  3. 大型タッチパネル搭載

    10.4型の大型のタッチ式パネルのため、操作しやすく、各種設定や過去の履歴が簡単に確認できます。

    多機能画像処理装置
  4. 消費電力50%カット

    制御盤の改良により、従来の消費電力を50%カットし、より低コストでご利用頂けるようになりました。

    多機能画像処理装置

FAコンピュータ、FAカメラ、LED照明、 長期使用可能な加温器が標準装備に!

新機能

  • 多角的水質検知方法
  • 動画保存
  • 日報作成機能
  • 遠隔サポート対応

お問い合わせはこちら

営業時間
10:00〜17:00
定休日:
日/月/祝日